スキルスワップメガタブンネ

531.gif  531m.gif
んにちは。
今回はメガタブンネの型紹介です。

ブンネとは。
第5世代ポケで唯一メガシンカを授かった、
元狩猟対象のノーマルポケモンです。

回のメガタブンネの型のコンセプトは
とにかく相手を機能停止にしていく型です。

格:ずぶとい
特性:さいせいりょく→いやしのこころ
努力値配分:
H228
B252
C6
D12
S12
  タブンネ(実数値:207-x-151- 81-108-72)
メガタブンネ(実数値:207-x-195-101-148-72)

構成:
れいとうビーム
でんじは
スキルスワップ
ねがいごと

もちもの:タブンネナイト

解説していきます!

ブンネはメガタブンネになることによってBCDがバランスよく上昇、
耐久ポケとして磨きがかかります。
理想的な上がり方だと思いました。
そしてフェアリータイプが付きますので、ドラゴンタイプの耐性が付き、かくとう技が半減になります。

素の状態の特性はさいせいりょく、手持ちに戻せばHPの1/3を回復。
メガになるといやしのこころ。シングルでは微塵も使えない...
しかしそのいやしのこころを逆に利用しようということでこの型を考えました。

構成
れいとうビーム
ドラゴンタイプの打点として採用。4倍を取れる上に、
最近増えてきた霊獣ランドロスにも抜群。
タイプ一致フェアリー技(マジカルシャイン)も選択肢にはあったが、中途半端な火力な上に範囲が狭いのでれいとうビームに決定。
PPも多めなので耐久戦には向いてる。

でんじは
とにかく巻きまくりたい。最強の状態異常だと思ってます。素早さも低めなのでさらに有効。
でんじはを嫌って出してきたサンダー、もしくわじめんタイプにもれいとうビームがあるので広範囲で見れる組み合わせ。

スキルスワップ
この型の趣旨とも言える技。
自分と相手の特性を入れ替えます。
現在の環境の火力インフレは、特性があってのものなので、メガガルーラ、メガゲンガー、ボルトロス、ファイアロー、バシャーモ、マンムー、ボーマンダ、ランドロスなど強特性持ちのポケモンがうようよいます。
それを奪った上にいやしのこころとかいう使えない糞特性を押し付けられるので一石二鳥です。
ちなみにみがわり貫通です。あと手持ちに戻せば特性も戻ります。

ねがいごと
回復技。
使った次のターンにHP1/2回復。使った次のターンに交代すれ出てきたポケモンを回復。
その時の回復量はタブンネのHP分です。HPが多いタブンネとの相性バツグンです。
さらに、素のタブンネの状態でねがいごと→引っ込め次のポケモンを出すとタブンネはさいせいりょくで、次のポケモンねがいごとで回復ができるという戦法も使える。パーティを立ち直すときに非常に有効。

力値配分
H228:実数値207で、さいせいりょくの回復値を最大に。更に16n-1なので定数ダメージを最低値に。
B252:物理受けとして機能させるために全振り。
C6 :余り。
D12 :余り。
S12 :同速にクチートががいるので、HAやHDのクチートに先手をとるために。でんじはスキルスワップねがいごとと、クチートに対してもできることはいろいろある。
ちなみに
ちからもち込みA補正A252メガクチートのアイアンヘッド:78.2%~92.7%(確定2発)
ちからもちなしA補正A252メガクチートのアイアンヘッド:40.5%~47.3%(確定3発)
です。
なのでスキルスワップしてしまえば、試行回数を稼いでより仕事ができるようになります。

のところメガシンカポケモンの中で注目されにくいタブンネですが、
使ってみた感じ強いです。うまく使えばかなり活躍してくれますし、最低限の麻痺撒きなどの仕事はしてくれます。
しかし、メガシンカ枠としてタブンネを使うと、その分パーティの火力が少し不安になるので、
パーティ構成をしっかり考慮するべきかなと思いました。
相性のいいポケモンとして挙げられるのはシャンデラでしょうか。
タブンネの苦手なかくとう、メガタブンネの苦手などく、はがねをすべて半減にしてくれる上に
HPが少なめなのでねがいごとの恩恵を大きく受けられます。
更にれいとうビームの通らないはがねにはほのお技、みずにはエナジボールと広範囲で見てくれます。最近はヘドロばくだんをかなりの確率で持っているゲンガーと(メガ)タブンネが対面して、スカーフを持っているシャンデラがいればしっかり狩ることができます。

ぜひみなさんも一度タブンネ、使ってみてはいかがでしょうか。
ありがとうございました。


この記事へのコメント