物理受けブリガロン

652.gif
こんにちは。
過去の紹介したポケモンのタイプを確認したところ、
かくとう以外は一応全て紹介できていたので、本日はかくとうタイプを紹介しようと思い、
ブリガロンを選びました。

ブリガロンは第6世代御三家のくさタイプ、
物理耐久がなかなか高めのポケモンです。

紹介。

性格:わんぱく
特性:ぼうだん
努力値配分:
H252
A6
B252

実数値:197-128-191-x-95-84

技構成:
ドレインパンチ
やどりぎのタネ
ニードルガード
こうごうせい

もちもの:ゴツゴツメット

解説。
まず、このブリガロンは完全対メガガルーラ特化となっています。

特性はぼうだん、ゲンガーの攻撃技は基本全て無効化できます。

そして努力値はHB。
数字で見てもわかりますが、かなりの耐久力ですね。
余りはドレインパンチで多めにダメージを与えるためにA。

ドレインパンチ
ガルーラに抜群取れつつ回復できる。
ポリゴンやラッキーなどにも強めに出ていける。

やどりぎのタネ
ファイアローを呼ぶと思うので、交換読みなどでも有用。

ニードルガード
ブリガロン特有の技。まもるの上位互換で、1/8ダメージを与えることができる。
やどりぎを交代読みで入れて、攻撃してきたファイアローにも、一度これでねばって、
やどりぎとこの技のなかなかHPを削ることができるので、後続が受けやすくなる。

こうごうせい
回復技。
スキがあれば。

そしてメガガルーラの、等倍以上で受ける技は基本的に接触技なので、
それを考慮してもちものはゴツゴツメット。

1、2ターンで、かなりHPはごっそり持っていけると思います。

そしてなぜブリガロンを選んだかを一応説明。
現環境、かくとうタイプはファイアローとフェアリー追加のせいで一部のポケモンしか活躍できていません。
それこそ技範囲とかそくがあるバシャーモぐらいでしょうか。←こいつも同様ですが、どれだけ努力値を振ってもファイアローのブレバを耐えることは難しいです。
ならばいっそもう片方のタイプもファイアローに弱いタイプにして、役割をよりはっきりさせちゃおうという発想です。そして選んだのが、ガルーラに強くでていけるブリガロンです。
弱点さえつかれなければしっかり仕事をこなしてくれるぐらいの耐久はあります。
そして上にも書きましたが、交代読みでやどりぎのタネを入れられれば、少しはダメージを与えられるので、使いやすいと思います。

このブリガロンを使うにあたって重要なのは、
後続に相性補完(主にファイアロー対策)のポケモンを入れておくことですね。
弱点がはっきりしているので相性補完は組みやすいと思います。
ファイアロー対策にはヒードラン、
バシャーモ対策にはマリルリ辺りがいいかもしれません。
マリルリが苦手などく技のヘドロばくだんもブリガロンは無効です。

ありがとうございました。


この記事へのコメント