【解説】ヤミヌケ構築を組むにあたって【ポケモンSM】

こんにちは。
今回はヤミヌケ構築について書いていきます。

筆者はS3,4においてヤミヌケ構築を使用して対戦を行っていました。
(結果S3は最高1950、S4は最高1992となんとも言えないレートで終わりましたが...)

上位勢に比べればレートも低く、立ち回りも甘い筆者ではありますが、
ヤミヌケの構築段階での注意点や、意識するべき点というものが、
なんとなくではありますが、理解できてきたかなと思い今回は記録として残していきます。
メモのようなものです。
※注意:あくまで個人の意見であることをご了承ください。



ヤミヌケ構築とは
302m.gif292.gif
ヤミヌケ構築とは、メガヤミラミヌケニンの二体をベースにした構築のことを言います。

ヌケニンというポケモンは、特性ふしぎなまもりによって、
ほのお、ひこう、いわ、あく、ゴースト技以外を全て無効にしてしまいます。

しかし、状態異常や天候ダメージなどは通常のポケモンと同様に受けてしまうので、
HPが1しかないヌケニンは、これらのダメージ一回で即死してしまいます。

そこで、ヌケニンの裏にいると心強いのが特性マジックミラーを持つメガヤミラミです。
どくどくの状態異常だけでなく、ステルスロックなどの変化技を跳ね返すことができるので、
ヌケニンを安全に選出させるための場作りをしてくれます。

また、ヤミラミの唯一の弱点であるフェアリー技も、
ヌケニンには効果がないので、相性補完も悪くありません。

特に、ヌケニンは受けループが崩されやすい
霊獣ボルトロス、メガメタグロス、メガルカリオ、カプ・レヒレなどを
安定して受けることができるので、受けループ対策を上記のポケモンに一任しているパーティとは、
比較的戦いやすいと思います。
(最近はグロス、ルカリオがいわ技持ってたりするので注意)

メガヤミラミ
オススメ技   :イカサマ、おにび、じこさいせい、まもる、ねこだまし、バークアウト...

ヌケニン
オススメ技   :かげうち、ひみつのちから、おにび、どくどく、まもる...
オススメの持ち物:きあいのタスキ、ぼうじんゴーグル



構築を組むにあたって
それではヤミヌケ構築を組むにあたってのパーティのコンセプト、注意点、
残り4体に必要な要素などを紹介します。

まず、パーティのコンセプトですが、
筆者は主にヤミヌケ構築は2パターンあると考えています。

まずお馴染みの①受けループ構築
そして    選出誘導型のギミック構築です。
①に関しては語ることはありません、
最もヤミヌケが組み込まれてるタイプのパーティです。

②はあまりまだ考察が進んでいないパターンですが、
これはつまり雨パにヤミヌケを導入するパーティのことです。
この後再度紹介しますが、
基本的にヤミヌケの弱点は、すなあらし、あられ、そしてほのおタイプです。
これら全てを抑制しながら立ち回れる雨パにヤミヌケを組み込みます。
(構築記事は書いていないのですが、筆者はこのパーティの構築で1940まではいけました。
パーティ:ヤミラミ、ヌケニン、ペリッパー、ラグラージ、ナットレイ、ポリゴン2)

しかし実際にはヤミヌケの選出率は10%もありませんでした。
コンセプトにもある通り、ヤミヌケは選出誘導をするための見せポケです。
ヌケニンを見せて、砂撒きのカバルドンやバンギラスを
相手にとって選出したくなる心理状況を作り出すのが目的です。
また、ヤミヌケを使っていると必ずと言っていいほど出てくる
バシャーモ、リザードンも、雨パによって楽に処理しようというものです。

私はヤミラミは普通のメガで使っていましたが、
意表をつけるタスキメタバ型のほうがラグラージとの同時選出もできてよかったかなと
思っています。(ヤミラミタスキの場合は、ヌケニンに防塵ゴーグルになるので、そこらへんちょっと微妙だなぁ。)


ヤミヌケループ
今回は主に①、受けループのヤミヌケ構築に関して書いていきます。
まず、ヤミヌケ二体は確定として、
残り4体にはどのようなポケモンが適しているのかを、
一覧で紹介します。

必須
・バシャーモ対策
・ミミッキュ対策
・リザードンX対策
・リザードンY、ウルガモス対策
・ボーマンダ対策

あると望ましい
・アシレーヌ対策
・ジャローダ対策
・キノガッサ対策
・ギルガルド対策
・クチート対策
・サザンドラ対策

ざっとこんな感じです。
要は上記がヤミヌケじゃ倒せないポケモンです。
上記の条件を満たしながら残り4体を考えていくといいと思います。
まあ、これに関しては普通のパーティでも同じでしょうが。。。

それでは次は具体的にどんなポケモンがヤミヌケ構築にオススメか紹介していきます。


ポリゴン2
233.gif
最もオススメできます。
上記でいえば今環境最強メガポケモンのボーマンダ、サザンドラ、
採用率1位のミミッキュを比較的安定して倒すことができます。
上記三体を見る場合は特性はアナライズがいいと思いますが、
メガゲンガー、もらいびシャンデラが多少気になる場合はトレースがいいです。(筆者はトレース派)
メガヤミラミで初手まもるでゲンガーの攻撃をすかしてメガさせて、
ポリ2に替えればかげふみをトレースしながら戦えるので安定します。
(メガヤミラミはメガゲンのヘドロばくだんの毒からのたたりめが痛いのであまり安定しません。)


ドヒドイデ
toxapex.gif
今受けループでも大人気のドヒドイデです。
上記のポケモンだと、バシャーモ、一応リザードンウルガモス、ミミッキュ、アシレーヌなどの対策になります。
技構成次第ではボーマンダを見れるのでパーティと相談です。


マリルリ
184.gif
筆者激推しのヤミヌケ構築メンバーです。
そうしょくによって草技無効。こちらもぜひ参考に→そうしょくマリルリ単体考察
上記のポケモンですと、バシャーモ、リザードンXY、ウルガモス、キノガッサ、ジャローダ、サザンドラの対策になっています。
ねむる、ほろびのうたなども覚えるので、柔軟な受けポケとしてオススメです。
(耐久値はさほど高くないので注意!)


ギャラドス
130.gif
シーズン4は筆者はギャラドスを採用していました。
バシャーモ、一応ボーマンダ、場合によってはリザードン、ウルガモスの対策のほかに、
ヌケニンを選出できなかった場合のルカリオ対策になっています。
最近はメガ、ヒコウZなどが主流ですが、
たべのこしで継戦能力を上げて使っていました。


ヌオー
195.gif
特性てんねんで積みを無効にできる貴重な存在。
主な役割対象はミミッキュ、メガリザードンX、メガクチート、がんばればメガボーマンダ。
オススメ技はねっとうとカウンターです。


クレセリア
488.gif
汎用性高めな物理受け。
役割対象はバシャーモ、一応メガリザードン、メガボーマンダなど。
耐性ではなく数値で受けるタイプ。
スキルスワップを搭載させて、火力増強特性を奪ったり、
霊獣ボルトロスのちくでんを奪ってデンキZ、カクトウZ両方とも半減で受けたりしてました。


カプ・ブルル
tapubulu.gif
お馴染みドヒドイデのオトモ。
HDベースにしてフィールドを塗り替えながらカプ系の技を受けるのが主な役割。
グラスフィールドでメガヤミラミのHPを確保できるのもいいです。
また、カプ・レヒレを相手する場合に、ヌケニンはちょうはつを入れられると
相手の裏に状態異常を撒けないので、レヒレ、アシレーヌを重く見るならオススメです。


ヒードラン
485.gif
唯一無二の耐性持ち。
上記のカプ・ブルル、クレセリアとも相性抜群。
メガリザードンY、ウルガモス、ジャローダ、ギルガルド、クチートなどを安定して狩れます。
ほのお技無効枠はかなり貴重なので重宝します。


グライオン
472.gif
今流行りのアイツ。
優秀な耐性と特性を持ち、
非常に崩しにくいポケモン。
ギルガルド、ヒードラン以外にあまり明確な役割対象がいないので、
汎用性がほしい方にオススメです。


サンダー
145.gif
主な役割対象はメガボーマンダ。
ずぶとい、おだやかによってそれぞれ少し見れるポケモンが変わります。
筆者はおだやかHDベース、
ひかりのかべとデンキZを搭載させて、レヒレ、アシレーヌを殺しながら
パーティ全体の特殊耐久をカバーさせてました。


ウツロイド
1490346317-1.gif
こちらも筆者激推しポケモンです。
技範囲が広く、後出しからでもリザードン、ウルガモスを処理できます。
そのほかにもいわ、どくが抜群の特殊アタッカーなら大抵倒すことできます。
リザYのひでりによってめざ炎の火力が上がったり、
すなあらしによって特殊耐久が上がったり、
ヤミヌケが苦手とするポケモンの天候で強化することができるのが地味に魅力的です。


ラッキー
113.gif
ザ・特殊受け。
しんかのきせきが余っていればオススメです。


ハピナス
242.gif
持ち物に自由度がほしかったり、
しんかのきせきが余っていなければこちら。
きれいなぬけがらゲンガーの処理を楽にしたり、
たべのこしで耐久を上げたり、
Zで吹っ飛ばしたり。


以上が筆者がヤミヌケを使用するにあたって
採用経験のあるポケモン達でした。

まだまだ他にもいるはずなのでよかったら教えてください。



あとがき
ここまで読んでいただきありがとうございます。

気づいたらクソ長い記事になってて、
がんばって削る作業をしてました。(それでもまだなげえ...)

筆者がポケモンをやってきた中で一番自分に合う構築だと
感じているので、書きたいことが多くなってしまいました。

筆者は主にヌケニンにきあいのタスキを持たせて、
一発食らってでも無理やり状態異常を入れる立ち回りが合ってたのですが、
その分すなあらしが憎くて溜まりませんでした...(カバレボルトの並びとかどうすんだ...)

このように同じ二体の並びでも一体の持ち物を変えるだけで
対処できるポケモンがガラッと変わるのがヤミヌケです。
どちらも耐久値には難があり(平均HP79ってなんだよ...)、癖のあるポケモンですが、
ポケモンSMの環境ではやっていけなくはないといったところでしょうか。

この記事を読んで、少しでもヤミヌケに関して興味や理解が
深くなれば幸いです。

意見、修正案などあればTwitter@ebitekunsaaaanまでお願いします。

ありがとうございました。


この記事へのコメント

  • ポン酢ジュレ

    同じく最近ヌケニンパを構築中です!
    (レートはもっとだいぶ低い)
    見せヤミヌケ大変参考になりました!
    2017年11月05日 21:19