実況プレイ動画を作るなら: AVT-C875

近実況プレイを始めたので、
本日は動画の録画機材を紹介したいと思います。

私が使用しているのはAVT-C875
AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 -
AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 -

こいつは本当に高性能です。
仕組みとしては、基本的には

ゲーム-----AVT-C875-----TV
       |
       |
       |
       PC

といった感じの接続方法になります。
AVT-C875からそれぞれの機材(PC、TV)への接続ケーブルは同梱(ゲームとの接続はゲーム側のケーブルでOK)してるので、他に何か買い揃える必要はありません。

PCでの出力、録画に関してはRECentralという無料のソフトを使えば簡単に、そして高画質に行えます。設定なども簡単にいじれて使いやすいです。ちなみにこのソフト、音声も同時に録音できます。実況プレイにはかなり向いてます。
そしてなんと言ってもこのキャプチャ、Macにも対応してるんです!!!
なかなかMac対応のキャプチャが未だに少ない中、こいつはしっかりと対応しています。私もMac使用なので、この要素が決定的な部分もあります。

また、

ゲーム-----AVT-C875-----TV

という形でのPCを必要としない単体録画モードもあります。こちらはAVT-C875にSDカード挿入して、そちらに保存するという感じです。PCでの録画がいやな人はこちらで録画するのもGoodです(SDカードは同梱されていないのでご注意を!!)

HDMI出力での録画が可能なので非常に高画質な上に、キャプチャを挟んでいるのにラグは一切ありません。
(PCへの出力とTVへの出力を同時にやってくれます。PCでの出力では若干のラグがありますが、TVのほうでは問題なし。)
動画に限らず、自分はTVを見ながらプレイし、画面はPCのを出力すれば、生放送も簡単にできちゃいます。

今現在実況しているのは、人気ゲームのスプラトゥーンです。
非常に動きなどがシビアなので、ラグがあっては話になりませんが、このキャプチャでは全く問題ありませんでした。
実際の動画はこんな感じです。



かなり綺麗だと思います。

対応しているゲーム機
HDMI
PS4、WiiU、xBox 360、xBox One、iOSデバイス

コンポーネント(ケーブルが付属されています)
PS3、PS2、Wii、PSP2000/3000

と言った感じです。
基本的なゲーム機には全て対応しています。

過去にMVCP-02MAC

というキャプチャボードを使用していましたが、こちらはPC出力のみな上にスプラトゥーンをやるのにはすこしがラグあり、厳しかったです。ただ、FPSやTPSなどのゲームでなければ問題なくプレイできます。なにより4000円ほどの最強のコスパです。

話は戻りましてAVT-C875、
値段は18000円とちょいという感じ、人によっては高くも安くも感じれられるかと思いますが、
買ってみた感想からいうと非常に満足です。
特に不満もなく、18000円は安いと思います。少し値が張るといった理由でもう少し低価格なものを買うよりもこれを買ってしまえば間違いないと思います。
実況プレイ動画や生放送をやりたい!!という方にはAVT-C875がおすすめです!!




ありがとうございました。

4116zDJF57L.jpg

"実況プレイ動画を作るなら: AVT-C875" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: